EMILIとGiselleを比較

減煙や禁煙を目指す人に、タバコサイズの電子タバコが人気です。
 
持ち運びに便利で、普通のタバコと同じ雰囲気で吸えるので、
 
会社の喫煙ルームでも気兼ねなく吸えますからね。
 
そんなタバコサイズの電子タバコの中で人気の、
 
EMILIとGiselleを比較してみました。
 
購入の際の参考にしてみて下さい。

EMILIとGisellの違いは?

EMILIとGiselleの大きな違いは、3つですね!
 
 
吸引方法
 

EMILIは、ボタンを押しながら吸うタイプ

Giselleは、吸うと自動的にスイッチが入るタイプですね。
 
 
自動スイッチタイプの方が、ボタンを押す操作がないので、
 
よりタバコに近い雰囲気で吸えますね。
 
 

 
リキッドの補充方法
 
 
EMILIは、アトマイザーを回して外して入れるタイプ
 
Giselleは、吸い口のところを外して入れる、トップフィル方式です。
 
 
リキッドの補充方法は、トップフィル方式の方が簡単です。
 
リキッドで手が汚れるようなことも減りますね。
 
 
 
スティックの容量

 
全体的にEMILIの方がGiselleより、容量が大きく、抵抗値が低いので
 
煙量が多く、リキッドの味が味わいやすいですね。

EMILIとGiselleの特徴をまとめると

  EMILI Giselle

 
 
 
メリット

 
ロングタバコサイズ(約10mm)
 
煙量が多く、リキッドの味がおいしく吸える。
 

 
タバコサイズ(85mm)
 
煙量も味もちょっと薄い

 
 
 
 
デメリット

 
ボタンを押しながら吸うのが少し面倒
 
リキッド補充がアトマイザーを外すタイプ
 

 
オートスイッチなのでタバコと同じように吸える
 
吸い口を外してリキッド補充するタイプなので、手が汚れるようなことが減る
 

 

 

サイズは、二つともタバコサイズなので、
 
会社の喫煙ルームで吸っていても目立たないので、周りに気がねしないで吸えます。

 

 

 

煙量やリキッドの味を味わいたかったら「EMILI」だと思います。
 
ボタンを押しながら吸うのがちょっと面倒くさいですが・・・・
 
 
 
Giselleは、メビウスと同じサイズで、吸うだけで電源が入るオートスイッチタイプ
 
なので、ほとんどタバコを吸っているのと同じ雰囲気です。
 
ただちょっと、煙量も味も薄いようです。

お得なお店はこちら!

タバコサイズの電子タバコでも、煙量や味を楽しみたい人は、EMILI

 

EMILIはこちら<<楽天

 

 
 
 
タバコと気づかれずに吸いたい人は、Giselle

 

Giselleはこちら